2007年(平成19年)4月以降 離婚時の年金分割

離婚時の新しい年金分割制度 (第一段階)

2007年(平成19年)4月から、離婚時の新しい年金分割制度がスタートしました。
従来の年金分割制度とは、どこが変わったのでしょうか。
離婚した場合に受け取ることができる年金は、どのように変化したのでしょうか。

スポンサード リンク

離婚時の年金分割制度の内容

2007年(平成19年)4月の離婚時の年金分割制度スタート後は、婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録(夫婦の合計)を、離婚した場合に当事者間で分割することが認められます。
年金を分割する割合は、最大1/2までです。

離婚時に年金分割できるのは

離婚時の年金分割

年金分割ができるのは、施行日である2007年(平成19年)4月以降に成立した離婚のみです。

しかし、2007年(平成19年)4月より前の婚姻期間の厚生年金の保険料納付記録も、年金分割の対象とすることができます。

つまり、離婚した日が2007年(平成19年)4月以降であれば、さかのぼって婚姻した日から年金保険料納付分を分割でき、最高1/2まで受け取ることができるのです。

離婚時の年金分割は妻から夫への場合も

離婚時の年金分割は、必ずしも夫から妻へというわけではありません。

妻が働き、夫が専業主夫であるというような場合・・・夫が年金分割分を最高1/2受け取ることができます。

共働きで妻の年金額の方が高い場合・・・同様に、妻から夫へ最高1/2の年金分割となります。

離婚時の年金分割の対象となる部分

なお、分割の対象となるのは年金3階建てのうち、

  • 2階部分にあたる厚生年金保険(サラリーマンの場合)
  • 共済年金(公務員・私立学校教職員)

の部分のみです。

年金3階建てについてはこちら

1階部分の基礎年金は国民全員が加入するものですが、サラリーマンの妻(被扶養配偶者(3号))は納付が免除されています。


スポンサード リンク

2007年(平成19年)4月以降 離婚時の年金分割 記事一覧

  ・ 離婚時の新しい年金分割制度 (第一段階)
  ・ 離婚時の新しい年金分割制度 専業主婦の場合
  ・ 離婚時の新しい年金分割制度 共働きの場合

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.