2007年(平成19年)4月以降 離婚時の年金分割

離婚時の新しい年金分割制度 共働きの場合

離婚時の新しい年金分割制度施行により、離婚後に受け取る年金額が変わります。
会社員で共働きの場合は、どのように変化するのでしょうか。

スポンサード リンク

共働き夫婦が離婚した場合に受け取れる年金額の変化

共働きの場合も、離婚時の年金分割の考え方は専業主婦の場合と同じです。

共働きの場合は妻にも年金保険料納付記録がありますので、夫・妻それぞれの標準報酬総額を合計して、年金分割の按分割合を決めます。

妻側の厚生年金持ち分と年金総額

共働き夫婦が離婚した場合に受け取れる年金 専業主婦の妻とは異なり、会社員で共働きの場合は、妻側に元々自分の厚生年金の持ち分があります。

そのため、もし年金分割の按分割合が同じ50%でも、専業主婦に比べると年金分割後のアップ分は低くなります。

しかし夫婦それぞれに標準報酬があるため、支給される年金総額は高くなります。

夫の収入や年金分割の按分割合が同じだと仮定すれば、トータルで見ると専業主婦よりも受給できる年金額は多くなります。


離婚時の年金分割は妻から夫への場合も

年金分割は、必ず夫から妻へ分割されるというわけではありません。

共働きで、妻の方が報酬月額が高い場合もあるでしょう。
そのような場合は、反対に妻から夫へ年金を分割することになります。

夫側も、同じように最高50%の年金分割を受けることができます。

婚姻期間以外の加入期間の年金は?

婚姻期間以外(結婚する前)厚生年金加入期間がある場合は、その期間の年金は分割の対象とはなりません。

婚姻期間以外に保険料を納付していた間の厚生年金は、夫・妻、それぞれ独自の年金保険料納付記録となり、受給できるのも本人となります。


スポンサード リンク

2007年(平成19年)4月以降 離婚時の年金分割 記事一覧

  ・ 離婚時の新しい年金分割制度 (第一段階)
  ・ 離婚時の新しい年金分割制度 専業主婦の場合
  ・ 離婚時の新しい年金分割制度 共働きの場合

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.