離婚後の住まい(住居・住宅)

離婚をすると決めた場合、まず最初に考えなければならないのが離婚後に住む家です。
夫婦のどちらかが別の場所へ引っ越すか、夫婦両方とも別の住まいを探して出て行かなければなりません。

離婚後の住まいの選択肢としては、実家へ戻る・現在の住居にそのまま住む・民間や公営の賃貸住宅を探すなどの方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。
また、賃貸契約や引越しには手間も費用もかかります。

「離婚後の住まい(住居・住宅)」 カテゴリでは、離婚後に住む家についてそれぞれの長所短所、賃貸住宅の探し方や引越しのコツなどを説明しています。ぜひ参考になさってください。

スポンサード リンク

離婚後の住まい(住居・住宅) 記事一覧

実家へ戻る

離婚をしたら、離婚後に住む家をまず考えなければなりません。
実家へ戻ることができるのであれば、離婚直後はそれが最も安心・・・
続きを読む

現在の住居にそのまま住む

離婚後に、現在住んでいる家(賃貸マンション・一戸建てなど)にそのまま住み続けるという方法もあります。この場合、賃貸住宅なのか、持ち家なのかで・・・
続きを読む

民間賃貸住宅

離婚後の住まいとして、統計では、民間の賃貸住宅を探して引っ越しをするという人が最も多いようです。家賃の目安は、月収の30%程度が目安と・・・
続きを読む

公営住宅・マンスリーマンション

離婚後の住まいとして、公営住宅に入居できると、経済的負担はずいぶん軽減されます。
他に、一時的にマンスリーマンションを借りて・・・
続きを読む

離婚後の引越し

離婚後の住まいが決まったら、早めに引越しの準備に取り掛かりましょう。
まずはじめに引越し業者を探して、引越し日の予約を・・・
続きを読む

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.