離婚後の住まい(住居・住宅)

離婚後の住まい(住居・住宅) 公営住宅・マンスリーマンション

離婚後の住まいとして、公営住宅に入居できると、経済的負担はずいぶん軽減されます。
他に、一時的にマンスリーマンションを借りて住むという方法もあります。

スポンサード リンク

離婚後の住まい 公営住宅

公営住宅とは、都営、県営、市営など、都道府県や市区町村が運営している住宅のことです。

住民の福祉や援助を目的に運営されているため、家賃は民営に比べて安く設定されています。
公営住宅に入居できれば、離婚後の経済的負担はかなり軽減されます。

●公営住宅入居は申し込み制

入居は申し込み制で、入居できるための条件が設けられています。
ほとんどの場合収入の上限が定められているため、高所得者は入居できません。
母子家庭、障害者、低所得者などには、優先の募集枠や倍率の優遇制度などが設けられていることが多いです。

離婚してすぐに公営住宅に入居するのは難しくても、根気よく申し込みだけは続けてみましょう。
しばらく経ってからでも、入居できる可能性はあります。

各自治体によって、公営住宅の入居条件や入居募集時期が異なります。
募集要項は県や市のホームページ、広報などで公開されています。
役所に直接電話で問い合わせてもいいでしょう。

離婚後の住まい マンスリーマンション

変わった方法ですが、一時的にマンスリーマンションを借りて住むという方法もあります。

離婚直後は経済的精神的負担が大きい

離婚して初めて新しい仕事を始める人は、仕事を覚え新しい人間関係を作っていくこと、住まい探しと引越し、新しい街の生活になれること、をすべて同時進行で行うのは、経済的にも精神的にも負担が大きいものです。

働き始めても給与が支給されるのはしばらく経ってからなので、最初はまとまった現金がすぐに必要になります。
賃貸住宅の敷金・礼金、1か月分の家賃、引越し代など、何もかも一度にまとめて用意しなければなりません。

このような時に、一時的にマンスリーマンションを借りて住むと、最初の出費を抑えることができます。

●マンスリーマンションとは 離婚後の住まい マンスリーマンション ウィークリーマンション

マンスリーマンションとは、短期から長期滞在型のマンションのことです。
1ヶ月以上であれば、月単位で借りれる「マンスリーマンション」。
1ヶ月未満であれば、週単位で借りれる「ウィークリーマンション」という選択肢もあります。

●マンスリーマンションは敷金礼金が不要・家具つき

ウィークリーマンション・マンスリーマンションの最も大きな利点は、ほとんどのところで「敷金」「礼金」「更新料」「仲介手数料」が必要ないということです。
賃貸住宅を借りる時はこれが一番大きな出費ですので、ここを抑えられるメリットは大きいです。

また、ほとんどのウィークリーマンション・マンスリーマンションには家具・家電がついていますので、新たに家具を買い揃える必要がありません。
荷物は身の周りの手荷物一つだけでよく、引越し費用もほとんどかからずに済みます。

●マンスリーマンションのさまざまな活用法

マンスリーマンションはビジネスマンの出張で利用するものというイメージが強いですが、最近は出張や研修の他に、受験生の受験期間利用、自宅の建て替え・増改築・改装(リフォーム)などの仮住まいとして、などさまざまな利用法が広がってきています。

公営住宅に申し込んでもすぐに入居できるとは限りませんので、しばらくの間、一時的に住む場所を確保したいという時にも役立ちます。

仕事があまりない地域に住んでいる場合など、離婚を機に求人の多い都会へ出て仕事を探したい、仕事が見つかったら正式に賃貸住宅を探して引越しをしたい、或いは住み込みで働ける職場を探している、という時にも利用できます。

長期間住み続けるとかえって費用は高くなりますが、離婚後の一番大変な時期に、一時的な住まいとしてこういう選択肢もあると覚えておくと、後々役に立つかもしれません。

レオパレス21」 では、全国の豊富な物件より空室をリアルタイムで検索できます。
通常の賃貸利用・マンスリー・ウィークリーなど用途別に短期利用から長期入居まで、様々なライフスタイルに対応しています。
検索方法はキーワード検索・エリア・沿線・所要時間など自由自在。
マンスリーレオパレスは気に入った物件が見つかったら、すぐに申込・契約が可能です。

レオパレス21の大きな特長は、「選べる賃貸システム」です。
○「月々払いの賃貸システム」・・・
敷金・礼金・契約手数料など初期に大きくかかる費用が不要、必要なのは家賃1か月分だけ。
2年ごとの更新料も不要です。初期費用を抑えたい人にぴったりです。
同一都道府県内なら「住み替えシステム」で新規契約不要、簡単引越しができます。
○「一括前払いのマンスリーシステム」・・・
90日からの月単位でまとめて前払いすることで割安になり、水道光熱費は無料、家具家電が一式揃っているので体一つで入居できます。
○いずれのコースでも、月額基本料金無料でインターネットが使い放題です。


スポンサード リンク

離婚後の住まい(住居・住宅) 記事一覧

  ・ 離婚後の住まい(住居・住宅) : 実家へ戻る
  ・ 離婚後の住まい(住居・住宅) : 現在の住居にそのまま住む
  ・ 離婚後の住まい(住居・住宅) : 民間賃貸住宅
  ・ 離婚後の住まい(住居・住宅) : 公営住宅・マンスリーマンション
  ・ 離婚後の住まい(住居・住宅) : 離婚後の引越し

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.