離婚後の仕事に役立つ資格取得

資格取得 : ファインナンシャルプランナー(FP)

ファインナンシャルプランナー(FP)は、近年注目を浴び人気が高まっている資格・職業です。
細やかな計算業務や書類作業は、正確さや緻密さを得意とする女性に向いている資格です。

スポンサード リンク

ファインナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、顧客(クライアント)のライフプラン(人生設計)に合わせた効果的な資産運用プランを提案・立案し、財政的な面からライフプランを総合的にアドバイスするスペシャリストです。

ファイナンシャルプランナー(FP)は国家資格であり、金融機関・不動産・建設・ハウスメーカーなどさまざまな業界でそのニーズが高まっています。
ファイナンシャルプランナー(FP)は、今 特に注目されている将来性の高い資格・職業です。

離婚後の仕事に役立つ資格取得 ファイナンシャルプランナー(FP) ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事

人生の中では、結婚・出産・マイホーム取得・子供の教育や進学・老後の生活など、ライフイベントごとに資金ニーズが生じます。

ライフイベントごとの資金ニーズに応じて、顧客一人一人に適した金融商品、資産の運用方法、明確な人生設計と長期的な財産プランを立てることを、「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

顧客の収入や支出・資産や負債などを把握した上で、顧客の求めるライフプランを最も効率よく達成するためのファイナンシャル・プランニングを提案することが、ファイナンシャルプランナー(FP)の使命です。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得で就職・転職・独立開業

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得すると、就職や転職に大変有利になります。
金融機関や不動産・建設業界だけではなく、さまざまな業界の企業で、ファイナンシャルプランナー(FP)の知識・資格を持つ人材が求められています。

また個人で独立し、コンサルタントや企業研修、講演や本の執筆など、フリーのファイナンシャルプランナー(FP)として活躍することも可能です。

ファイナンシャルプランナー(FP)資格を取得すると、税金・年金・保険などお金についての専門知識を身につけることができます。
これはそのまま、自分自身や家族のライフプラン達成に役立てることができます。
そのため、主婦やOLなどにも人気の高い資格です。

ファイナンシャルプランナー(FP)養成講座ファイナンシャルプランナー(FP) は、金融、不動産、銀行などの知識に乏しい初心者でも理解できるように基礎からていねいに指導。資料は無料で送ってもらえます。
日本協会認定によるプロフェッショナル講師の指導と、要点を押さえたわかりやすいオリジナルテキストでAFP資格試験合格を目指します。


スポンサード リンク

離婚後の仕事に役立つ資格取得 記事一覧

  ・ 離婚後の仕事に役立つ資格取得 : 簿記 医療事務
  ・ 離婚後の仕事に役立つ資格取得 : ホームヘルパー 介護士 保育士 栄養管理士
  ・ 離婚後の仕事に役立つ資格取得 : ファインナンシャルプランナー(FP)
  ・ 離婚後の仕事に役立つ資格取得 : 社会保険労務士(社労士)
  ・ 離婚後の仕事に役立つ資格取得 : 行政書士

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.