熟年離婚の原因

セックスレス

セックスレスは、近年急速に増えてきた離婚原因の一つです。
これは離婚裁判でも正式に認められる、婚姻を継続しがたい重大な事由になります。

スポンサード リンク

セックスレス

元々、離婚原因の「性格の不一致」には「性の不一致」が多く含まれていたと言われています。
「性の不一致」の一つであるセックスレスについて、

 ・ 「夫婦間だけの問題であって、表に出して話題にするものではない」
   というタブー意識が薄れてきた
 ・ 興味本位ではなく、真面目な問題として真剣に取り組むという姿勢が
   社会的に主流になってきた

ことによって、表面に表れてきたのかもしれません。

セックスレスは、少子化の原因の一つとも言われています。
セックスレスの増加が社会問題になって、NHKの番組でも取り上げられています。
(産後のセックスというテーマでした)

セックスレスの定義

一般的に、
『病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップルのこと』
を「セックスレス」と定義されているようです。(日本性科学会)

ウィキペディアでは、
『セックスレス夫婦(セックスレスふうふ)とは、長期間セックスをしていない夫婦のことをいう。単純に「セックスレス」とも呼ばれる。
日本性科学会による定義では、「特殊な事情が認められないのにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1か月以上もなく、その後も長期にわたることが予想される場合」を指す。

2004年度の厚生労働省と日本家族計画協会の共同調査によると、先述の定義に照らした場合、日本の夫婦の32%がセックスレスで、1年以上性交渉のない夫婦は全夫婦の2割である。

玄田有史や斎藤珠里は、個々の夫婦の問題であるというとらえ方の他に、日本人の労働環境が深く関わると述べる。
長時間仕事に追われ、一方かもしくは双方が疲れ果ててセックスをする気力も体力も無くなり、ヒトという動物として当たり前のカップルの性の営みの権利すらおぼつかない日本の現状が垣間見える。

アメリカ合衆国においては性交渉が1年に10回を下回る夫婦をセックスレスとし、20%の夫婦が当てはまる。』
と紹介されています。(2012年11月現在)

英国のデュレック社の「性の実態調査」によると

英国のデュレックスという会社が行った「性の実態調査」2005年版によると、日本人のセックス回数は年間平均45回で、世界最下位でした。
しかも、2004年版でも同様に最下位だったそうです。

世界一のギリシャは年間138回ですから、いかに日本が少ないかがわかります。
世界平均は103回です。
日本は平均から考えても半分以下の、消極的なお国柄です。

一方、日本が世界平均を上回ったのは「セックスパートナーの人数」。
不特定多数の人を相手にするのは得意という、情けない結果が出ていたということです。

さらに2年後の、同デュレック社の調査2007年版によると、「セックスの年間平均回数」は

1位 ギリシャ・・・164回
2位 ブラジル・・・145回
3位 ロシア・ポーランド・・・143回

という結果になりました。
このあと中国、ポーランド、イタリアと続き、日本は48回でまたもや世界最低ランキングとなったということです。

(出典 : まぐまぐメールマガジン「となりの寝室事情・うちの寝室事情」)
      [結婚生活] All About「セックス負け国! 世界最低のsex回数の理由」

セックスレスほか、夫婦問題に関する相談はこちらのサイトがお勧めです。
他のかたの相談内容を読むだけでも大変参考になります。
  ⇒  となりの寝室事情・うちの寝室事情 恋人・夫婦仲相談所

所長のすずねさん(二松まゆみさん)は、All About「結婚生活」のガイドをしておられる方です。
  ⇒  All About 「結婚生活」

セックスレスの大きな原因 − ED

セックスレスの原因にはさまざまな要因がありますが、近年増えているのがED(男性機能障害)です。
セックスレスの大きな原因−ED

熟年世代だけではなく、30代の若い男性にもED患者は増えています。

EDは、糖尿病、高血圧、飲酒など、好ましくない生活習慣によって引き起こされることもあります。

また、年齢を重ねると確かにEDになる割合は高くなりますが、最近では年齢のせいだけではないことがわかってきています。

心理的要因によって生じる心因性ED

血管や神経などに障害がなく、心理的要因によって生じるEDを心因性EDといいます。

心因性EDの原因としては、

 ・ 過去の性交渉の失敗からくる不安
 ・ 失恋や夫婦間のトラブル、離婚
 ・ 仕事からくる不安やストレス
 ・ 幼児期における精神的外傷

などがあげられます。

他にも、AVの影響、パートナーの心ない一言に傷つきプレッシャーから毎回緊張してしまう、母親の支配が強く精神的に自立できない、などが原因として考えられています。

EDではない場合でも、仕事の疲れ、残業続きで時間がない、子育て中の妻を女性として見られなくなった、などの理由があります。

女性の側からの理由

夫婦の寝室が別 反対に女性の側からの理由としては、

・ 妊娠中や出産後のイライラや性欲減少
・ 仕事と家事・育児の両立による疲れ
・ 夫の浮気が原因の嫌悪感

などがあげられています。

また、夫・妻双方とも、相手の体型の変化(つまり太った)、身だしなみに構わなくなったので異性として魅力を感じなくなった、などが理由としてあげられています。

夫婦の寝室が別なのが原因の一つ

他にもセックスレスの原因として、夫婦の寝室が別ということが指摘されています。

これは夫婦の寝室が別だからセックスレスになったのか、セックスレスになったから夫婦の寝室を別にしたのかは定かではありません。

しかしある心理カウンセラーから直接聞いた話によると、夫婦問題で相談にくるクライアントのほぼ全員が、夫婦の寝室が別だったとのことでした。

夫婦の寝室を別にする理由としては、
「夫のいびきがうるさい」
「生活サイクルが違う」
「相手が灯りをつけて読書をする習慣がある」
「夫は深夜残業で夜中に帰ってくるので妻が目が覚めてしまい、反対に妻は朝早く起きて仕事や子供の世話があるので夫が目が覚めてしまう」
などがあります。

夫婦の寝室を一緒にするのが改善のための第一歩

事情はそれぞれですが、セックスレスにならないためには、まずは夫婦が同じ部屋で一緒に眠るということが大事なことではないでしょうか。 夫婦の寝室が別

寝る前に5分でも話をすれば、夫婦のコミュニケーションが取れます。
毎日見ていれば、お互いの体調や悩み事など精神状態の変化を知る目安にもなります。

昼間ケンカをした時は、「ごめんね」と言うチャンスです。
もし意地を張ってうまくごめんねと言えなくても、何となくうやむやに(お互い笑ってしまったりして)仲直りできたりすることもあります。

同じ家に住んでいても、それは同じ部屋で一緒に眠ればこそのメリットです。

セックスレスを予防・解消し熟年離婚を防ぐために

また、EDや育児疲れなどの事情がある場合は、何よりもまず相手を責めないでください。
不機嫌な顔や態度をして見せて「こっちの気持ちを察してよ」と無言で主張したり、どうしてなのかと相手を問い詰めて責めたり、感情を爆発させて怒鳴ったり泣いたりすると、相手の心はますますかたくなになります。

そうではなく、落ち着いて、冷静に、きちんと言葉で
あなたを愛しているから、ふれあいがないと自分は寂しい
と伝えましょう。

「あなたが(おまえが)悪い」「あなたは(おまえは)どうしてそうなのか」「あなたは(おまえは)どうしてわかってくれないのか」
ではなく、
「私は寂しいと感じている」「私はこうなったら嬉しいと思う」
と、「私」を主語にして気持ちを伝えましょう。

「あなた」を主語にすると、言われた方は行動を指図されたり責められたりしているような気持ちになってしまうのです。
自分はこう思う、とただシンプルに伝えるだけなら、相手は指図されたようには感じません。

(「あなたはこうすべきだと思う」はだめですよ。「私はこういうふうになりたいと思う」というように、あくまでも自分がどうしたいかを話してくださいね。
例: X「あなたはもっと私に優しくすべきだと思う」 → ○「私はもっとあなたと仲良くしたい」)

そして、一緒に病院へ行って夫婦で治療に取り組んだり、家事を手伝ったり、子供を預けて夫婦で食事や小旅行に出かけるなど二人の時間を持ち、双方が協力しあうことが大切です。
どちらか一方の責任というのではなく、夫婦共通の問題として、一緒に向き合う姿勢と思いやりこそが重要なのです。

熟年離婚の場合は、セックスレスそのものが直接離婚の原因となることは少ないようです。

しかし、若い頃からのセックスレスによって夫婦間の絆や意思の疎通、信頼関係が希薄になったこと。
そしてそれが何年も続いたことによって思いやりや愛情が失われ、夫婦関係が修復できないほど破綻して離婚、というケースは多いようです。


スポンサード リンク

熟年離婚の原因 記事一覧

  ・ 熟年離婚にいたる原因
  ・ 定年退職後の夫の生活
  ・ 主人在宅ストレス症候群
  ・ 妻の意識の変化と社会進出
  ・ 言葉の暴力 ドメスティック・バイオレンス(DV)
  ・ モラル・ハラスメント
  ・ 性格の不一致
  ・ 価値観の違い
  ・ 浮気・不倫・不貞
  ・ セックスレス
  ・ 義父・義母との不仲(嫁・姑)
  ・ 親の介護問題

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.