熟年離婚の原因

定年退職後の夫の生活

熟年離婚の原因の一つに、定年退職後の夫の生活があります。

ある離婚カウンセラーへの相談にも、
「もうすぐ夫が定年になって毎日家にいるようになることを想像すると、恐ろしくて仕方がない」
という女性がいたそうです。

スポンサード リンク

定年退職後の夫の生活

サラリーマンの夫は、定年退職後は生活ががらっと変わります。

それまで仕事一筋だった熟年世代は、接待ゴルフの他は趣味もないことが多く、仕事がなくなると何もすることがなくなってしまいます。
そのためほとんどの夫は、定年退職後は特にすることもなく、1日中家にいるようになります。

定年退職後の夫は妻への文句と過干渉

自分のことは自分でできればまだいいのですが、熟年世代の男性というのは家の事はすべて妻任せで、家事は何もできない、或いはやる気が全くないという人が多いのです。

そのためゴロゴロとテレビばかり見たり、自分は家事をしないのに妻の家事に文句をつけたり、何をするにも妻に命令口調だったりします。 定年退職後の夫の生活

さらには
「○○はどこだ」
「あれはどうなっている」
「どこへ行くんだ」
「誰と会うんだ」
「何時に帰るんだ」
と、妻の行動を束縛したりすることも多いようです。

中には妻の外出を禁止したり、外出する妻についてきたりする夫もいるそうです。
「濡れ落ち葉」という表現ができたのはずいぶん昔のことですが、いまだにそうやって妻にくっついていないと何もできない夫もいるようです。

職場では大きな仕事を任され堂々と立派にこなしていたのに、家に戻ると、或いは定年退職すると、妻がいなくては何もできない。それなのに妻に威張って見せる。
「外づらばかり良くて」と妻が不満を持つ熟年男性の多くが、そういうタイプです。

一方 定年退職した夫を迎える妻の方は

一方、長い結婚生活の間に妻には妻の生活パターンができあがってしまっています。

フルタイムでなくてもパート勤めをしていたり、地域活動や福祉活動に参加したり、友人とランチや買い物を楽しんだりと、平日の昼間の時間をそれなりに自由に使っていたのです。

しかし夫の定年退職後は、妻にとっても生活が一変します。

それまで妻は、毎朝夫や子供たちを送り出した後は家事をこなし、比較的自由に自分の時間を使うことができましたが、夫の定年退職後は1日中顔を突き合わせていなければならなくなります。
しかも夫は家事を手伝ってくれるわけでもなく、パジャマやジャージのまま1日中ゴロゴロとテレビばかり。

夫への遠慮・生活が束縛される

布団を干そうと思うと朝寝をしている。
掃除機をかけようとするとテレビの前でゴロ寝をしていて、じゃまでかけられない。
ようやく家事が終わったかと思うと、「おい、昼飯はまだか」と言われる。 定年退職後の夫の生活

今までの家事の段取りも狂い、夫に家事を教えようにも「妻がやるのが当然だ」と覚える気がなく、それでも1日3食はしっかり食べるので食事の用意にも追われることになります。

夫に遠慮して、または夫の食事の支度が気になって外出できなかったり、外出しても夕方には急いで帰らなければならなくなります。

子供が独立して手が離れたのに、もっと手のかかる大きな子どもを預けられたようなものでしょう。

このような生活が続くうちに妻が「主人在宅ストレス症候群」という病気になったり、熟年離婚を決意するということが多いようです。


スポンサード リンク

熟年離婚の原因 記事一覧

  ・ 熟年離婚にいたる原因
  ・ 定年退職後の夫の生活
  ・ 主人在宅ストレス症候群
  ・ 妻の意識の変化と社会進出
  ・ 言葉の暴力 ドメスティック・バイオレンス(DV)
  ・ モラル・ハラスメント
  ・ 性格の不一致
  ・ 価値観の違い
  ・ 浮気・不倫・不貞
  ・ セックスレス
  ・ 義父・義母との不仲(嫁・姑)
  ・ 親の介護問題

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.