離婚の取り決めごとを書面にする

協議離婚の場合、離婚当事者である夫婦間の話し合いだけで離婚が成立します。
離婚について夫婦で取り決めをしたら、口約束だけではなく、必ず「離婚協議書」「公正証書」といった書面にして残しておきましょう。

言った言わないになったり養育費の支払いが滞るなど、後々のトラブルを避けるためにも、正式な書面にするのは非常に重要なことです。

「離婚の取り決めごとを書面にする」 カテゴリでは、「離婚協議書」「公正証書」について、その内容と作成方法、手続き、費用について説明しています。ぜひ参考になさってください。

スポンサード リンク

離婚の取り決めごとを書面にする 記事一覧

離婚協議書

離婚協議書とは、離婚に関しての条件を当事者である夫婦が協議し、合意したことを表す文書です。子供の親権、養育費、面接交渉権、慰謝料、財産分与などの・・・・・・
続きを読む

公正証書

公正証書とは、法務大臣から任命を受けた公証人が作成する公文書です。
法的な強制力・執行力があり、裁判を起こさなくても・・・・・・
続きを読む

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.