離婚時の年金分割

熟年離婚の増加と受け取れる年金額の格差

近年、中高齢者の離婚件数が増加してきました。
いわゆる、【熟年離婚】です。

しかし、男女の雇用格差・給与格差などを背景に、離婚した後の夫婦それぞれの年金受給額に大きな開きがあるという問題が、以前から指摘されていました。

スポンサード リンク

離婚後の年金受給は専業主婦に不利

離婚後の年金受給は専業主婦に不利 例えば、サラリーマンの夫と専業主婦であった妻が、高齢になって離婚した場合。
妻は再就職が難しく、しかも支給される厚生年金はすべて夫のものでした。

女性には雇用の機会が少なく、また正社員やパートとして働き厚生年金を納めていたとしても、男女間で賃金格差があることが多かったため、受給できる厚生年金の額が十分でないという状況がありました。

わずかな年金しか受け取れなくなるために、離婚したくてもできない女性は少なくありませんでした。
また、女性の一人暮らし高齢者の所得が低いことが、社会問題になっていました。

離婚時の厚生年金の分割制度導入

これらの問題を解消するために、平成16年の年金制度改正により、離婚時の厚生年金の分割制度導入が決定されました。

妻が専業主婦であった場合でも、家事・育児など内助の功があったために夫が安心して働けて厚生年金を納付できたのだ、すなわち夫婦共同で年金を納付したことになる、という考え方が考慮されるようになりました。

二段階で実施される離婚時の年金分割制度改正

  • 2007年(平成19年)4月からは、離婚時の厚生年金の分割制度」が導入されます。
  • 2008年(平成20年)4月からは、離婚時の第3号被保険者期間についての厚生年金の分割制度」が導入されます。

離婚時の年金分割は、二段階で実施されることになります。
なぜ二種類あるのでしょうか?
どのように違うのでしょうか?

一つ一つ、見ていきましょう。


スポンサード リンク

離婚時の年金分割 記事一覧

  ・ 離婚時の新しい年金分割制度
  ・ 熟年離婚の増加と受け取れる年金額の格差
  ・ 従来の年金分割制度と年金の種類・年金3階建て

copyright© 2007- 離婚問題・熟年離婚 年金分割の基礎知識 All Rights Reserverd.