彼女はキレイだった第6話の見どころ・感想紹介

彼女はキレイだった(かのきれ)第6話の見どころ、感想を紹介するページ彼女はキレイだった感想
かのきれ第6話の感想・見どころご紹介


彼女はキレイだった第6話は、愛がイメチェンして第6話は現れる回。
今まで見ていて見逃した人はぜひ見て欲しい回です。
このページでは、なるべくネタバレをしないように彼女はキレイだった第6話の見どころ、感想を紹介しています。
第6話以外の感想などは彼女はキレイだったの感想・見どころ一覧をご覧ください。
かのきれを纏めて見るなら31日間無料トライアル期間があるU-NEXT『彼女はキレイだった』
もしくはフジテレビ放送中のドラマなどを2週間無料で見れるFODが便利。

彼女はキレイだった第6話の見どころ

見どころとしては、イメチェン大変身した佐藤愛。
これを第一に挙げる人多いかも。
その他の見どころをご紹介していきます。

赤字を入れられる佐藤

個人的にはスゴく幸せな事だと思います。
経験者(しかも、自分が好きな人)に指導してもらえるうちに指導してもらえる幸せ♪

梨沙の思い

梨沙、昔の話をする宗介に「昔の話は止めない?」って言ってしまう。
昔の話をされても知らないからどうにもなりませんし。
少しづつ話が嚙み合わないくなって宗介は編集部の佐藤愛に昔の佐藤愛を見る事に…
この辺、見ごたえあります。

ケーキの差し入れ

コミカルシーンはケーキの差し入れ。
わざとらしく差し入れをする宗介。
そして、その直後宗介に違和感が…
見どころが続きます。

樋口の話

樋口の気持ち、愛には伝わらないけれど、でも、大真面目にフォローしてくれる樋口。
心を打たれる人多いと思います。

梨沙の告白

宗介に告白します。
でも…

彼女はキレイだった第6話の感想

彼女はキレイだった第6話を見た人に感想を聞いてみました。

ちょっとしたすれ違いがいよいよ

彼女はキレイだった第6話見ました。
1話での嘘が。
2話で海外に行っているはずの梨沙が出会ってしまって、愛に打ち明けるはずだったのに、それがズルズルと出来ずに宗介と会っていたらこんな事に。
元々本物ではない愛を演じていた梨沙が気の毒ですが、いずれバレる嘘をつき続けるのは無理。
もちろん本人分かっているのですから辛いですね。
そんな微妙なすれ違いや嘘が少しづつ宗介に分かってきて、余計に辛い事になってしまう梨沙。
宗介の立場、梨沙の立場、そして愛の立場で見てみるとドラマの評価が変わるかも。
このドラマはそれぞれの立場でもう一度見てみようと思いました。

続きが気になって仕方ない

かのきれ6話見たのですが、続きが気になって仕方ありません。
最後のシーンで樋口が切なそうに去っていくのが可哀想。
でも、梨沙も結構悪女かも。
自分の思いを遂げるという事は、親友を裏切るという事。
それが分かっていて自分を止められない。
韓国版を見ていないので、これからどうなるか分かりませんが、6話を見た人は7話が気になって仕方なくなると思います。

真実の愛とは

第6話を見ました。正直、ずっとキュンキュンして止まらなかったです。
まず、ヒロインがイメチェンした後の見た目が可愛すぎます。
ギャップがすごい。
どんなに前に好きだった相手で、本当に好きな相手だとしたら些細な仕草や言動も覚えていると思うし、そうであってほしいということを徐々にリアルにしていってくれるドラマで見ていて楽しくなりました。
王道のストーリーではないものの、目の前にいる偽物の相手を見破って徐々に本当の相手に勘づき始めるという感じがとても理想過ぎてキュンキュンしました。
好きな相手のために可愛くなる女の子も、その子のために尽くしたいと思う男の子も恋愛をしている人はとても素敵だと感じました。
好きな相手に危険が近づいた時のいざとなる行動は、やっぱり本能に基づいていてとても理想的でした。
あと、中島健人の不器用ぶりがギャップでとてもキュンキュンしました。
好きな人にストレートに優しくできない、でも気になるという感情が女の子はギャップでやられると思います。
これからの登場人物の位置関係や感情の移り変わりにとても注目のドラマだと思いました。
私はそこに注目して、このドラマを見ていこうと思います。引き続きキュンキュンしたドラマを期待しています。

彼女はキレイだった6話感想・見どころまとめ

『彼女はキレイだった』(かのきれ)6話は、不器用な愛が前向きに変わり、そして梨沙の決意が感じられる回でした。
これからの2人の関係、そして宗介と2人の関係、樋口の思いに目が離せません。

『彼女はキレイだった』を纏めて見るなら31日間無料トライアル期間があるU-NEXT『彼女はキレイだった』


もしくはフジテレビ放送中のドラマなどを2週間無料で見れるFODが便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました