『最愛』第1話の見どころ、感想紹介

最愛第1話見どころ・感想紹介ページのヘッダー画像『最愛』見どころ・感想

このページは、『最愛』第1話の見どころ、感想をネタバレをなるべく避けながら紹介しています。
最愛は、岐阜県白川郷で起きた事件について、刑事が語るところから始まります。

最愛第1話の見どころ

『最愛』第1話の見どころをご紹介

複雑な人間模様

『最愛』第1話はかなり複雑。
第1話のかなりの部分を15年前の事件を描写しています。
そして、父の死。

真相を知っている父の死

父親(朝宮達雄)が亡くなり、真相は闇の中なのですが、その後の事件とのつながりがかなり気になります。

留美
留美

単純な事件ではなさそうですね。

携帯電話を無くした優

事件後、優が携帯電話を無くしています。

留美
留美

これが今後の事件に影響するのか…

15年間連絡を取らなかった2人が再び

だんだん疎遠になり、連絡も途切れてしまった2人が再び出会う。
でも、その立場は殺人事件の重要参考人と警視庁捜査1課の刑事だった。

留美
留美

なんか、切ないですね。

梨央の言葉

再会した大輔に梨央は「はじめまして」と言っています。

留美
留美

忘れたはずもない人に「はじめまして」は強力なメッセージなのかも。

最愛第1話の感想

『最愛』第1話を見た人に感を嘘聞いてみました。

何も知らない人たち

15年前、梨央が酷い目に遭ったのはほぼ間違いないとしても、それを知っている人がいないかもしれません。
これはかなり理不尽ですね。
弟の優も「興奮すると記憶が飛ぶ」らしいので、万一現場に居合わせたとしても記憶がない可能性がある。
そして、その後に起こった殺人事件。

薬を食べものに入れられてしまった梨央にはおぼろげながら自分を襲った犯人の記憶があります。
このドラマでは梨央を襲った犯人、その後の2つの殺人それぞれの事件についての謎があります。

犯人には記憶がないかもしれない。
しかも、犯人自身がすでに死んでいるかも。
犯人が分かったとして、物証だけで裁ける?
色々な見方が交錯するドラマなのかも。
お父さんが何かしたのかとも思いましたが、弟の優も怪しい。

そして、15年後に事件が起きますが、この犯人は誰?
伏線が沢山あって、色々な可能性があるシリアスなドラマです。

そんな中、吉高さんが高校時代と30過ぎの女性を演じ分けているのはさすがです。
1話でちょっと及川光博さんが出てくるのですが、『最愛』では悪役っぽいです。
及川さんの悪役といえば、古い話ですがやはり『白い巨塔』に出てくる財前五郎側の弁護士。
地裁での敗訴後、ガンで訴訟を維持できないと知り、最後に財前の文書を廊下で破り捨てるのがとても印象的でした。

第1話では時を経て2つの殺人事件が起きますが、この2つの殺人事件をめぐって沢山の伏線があります。
第2話でどんな話になっていくのかとても楽しみです。

「最愛」第1話のTwitterでの感想

『最愛』を纏めて見たい人はParaviで無料視聴可能です。

※なお、このページの内容は2021年10月現在のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました